当院の特徴

当院の特徴

包括的な治療で患者様に最適な治療を

当院では症状が起こっている歯だけを部分的に治療するだけではなく、口腔環境を長期にわたって健康な状態を維持させる為に全体的な問題解決していく包括的治療を行っています。

お口のトラブルの原因は様々です。「歯が痛い、なかなか治らない、ずっと痛くなったら治療するを繰り返してきたがちゃんと治したいなど様々なお悩みがあると思います。対症療法の場合は一時的に痛みは治まりますが必ず再発してしまいます。

包括的な治療は再治療をなくすために、お口のトラブルの原因を突き止め、原因を取り除く適切な治療を行うことで長期的に歯を守っていきます。原因を突き止め、最適な治療を行うことで10年後、20年後も見据えた治療を行っています。

マイクロスコープを使った精密な治療

マイクロスコープを使った精密な治療当院ではすべての治療においてマイクロスコープを使用するため、すべての診療ユニットにマイクロスコープを設置しています。 そのため、従来の経験と勘での治療ではなく、正確に診て治療を行うことができます。また、マイクロスコープは録画ができ情報が残ることで患者様にご自身の口腔内の情報を共有することができます。マイクロスコープは約20倍までに拡大することができるため、肉眼で診るよりもより精密な治療を行うことができます。 また、マイクロスコープを使用して行う場合の治療はかなり細かい作業となりますので使用する治療器具も下記のように極細のピンセットなどを使用してより精度の高い治療を心がけております。(一番右の写真は左が極細のピンセットで右側は通常のピンセットの比較です。)

マイクロスコープでの見え方

2倍

4倍

8倍

16倍

20倍

上記のように2倍と20倍では見え方が全く異なります。
このように20倍まで視野を拡大することで、従来の経験と勘での治療ではなく、正確に見て治療を行うことができる為、精度が格段に違う治療が可能です。また、治療中に撮影した録画データを見ることができるためどのような治療を行ったのかをデータを見せながら患者様に分かりやすい説明が出来ます。

できるだけ歯を削らない、抜かない治療

できるだけ歯を削らない、抜かない治療むし歯や歯周病で失った歯は、人工物で補うことができます。しかし、天然歯に勝る人工物は存在しません。そのため、当院では患者さんご自身の歯を何より大切にし、予防ケアに力を入れております。万一、むし歯や歯周病などが見つかった場合でも、できるだけ歯を削らない・抜かない治療を心がけておりますので、ご自身の歯を多く残したい方、他院で抜歯が必要と言われた方も、一度当院までご相談ください。

歯を傷つけない予防処置(GBT)
歯科衛生士もマイクロスコープを使用

GBT(Guided Biofilm Therapy)とは、従来の歯面掃除(歯石除去)とは違った、バイオフィルム(虫歯の原因)を除去できる新しい予防システムです。

GBTの一環であるクリーニングにおいては、今までのようにバイオフィルムが可視化されない中で器具が歯面などに触れることを減らし、歯のエナメル質・象牙質や歯茎などの歯周組織に優しく、傷つけることなく汚れを除去することができます。また、効率的に細かい部分まで清掃することができるため治療にかかる時間が短縮され、患者さんへの負担を大幅に軽減することができます。今までの歯石取りに痛みを感じていた方にもおすすめです。

歯を傷つけない予防処置(GBT)

歯を傷つけない予防処置(GBT)

1人ひとりに丁寧にカウンセリングとわかりやすい治療計画

お口の中の状況は患者さんによって異なるため、まずは患者さんの治療のご希望や不安なことをお伺いします。その上で、口腔内のチェックや歯科用CTでお口の中の状況を把握し、ベストと思われる治療法をご提案いたします。撮影した画像をモニターに映し出し、患者さんと一緒にオーダーメイドの治療計画を立ててまいります。治療前は時間をかけてカウンセリングを行い、ご納得いただいた上で治療を開始いたしますので、些細な疑問や不安もお気軽にお申し出ください。

ラバーダム防湿で唾液の侵入を防ぐ

唾液には1mlあたり1~10億の細菌が生息しているため、治療箇所に唾液が入ってしまうと、むし歯の再発を引き起こす原因になります。そこで、ゴム製シートで治療中の歯から唾液を遮断する「ラバーダム防湿」という方法で細菌の侵入を防ぎ、むし歯の再発防止に努めています。

衛生管理の徹底による感染予防

衛生管理の徹底による感染予防患者さんに安心して治療を受けていただけるように、院内の衛生管理を徹底しております。治療に使用する器具は、高水準の「クラスB」の滅菌器で細菌やウイルスを徹底的に除去し、うがい用コップやエプロンなどは全て使い捨てのものを使用します。また、歯を削る際に飛散する唾液や歯の破片などを「口腔外バキューム」で徹底的に吸引し、院内感染の防止に努めております。さらに、患者さんやスタッフの手が触れる場所は全てアルコール消毒を徹底するなど、衛生管理に手間を惜しむことはありません。

そして、新型コロナウイルス感染予防のために、より一層の衛生管理を徹底しておりますので、安心してご来院ください。

クラスB滅菌器とは?
滅菌器には『クラスB』『クラスS』『クラスN』というクラス分類があります。このクラス分けは感染リスクを基準として分類されており、最も厳しい基準をクリアできるクラスが『クラスB』となります。クラスBの滅菌器はあらゆる被滅菌物を滅菌することが可能な為、患者様のお口に入れる器具は必ず都度この滅菌器で滅菌を行います。
ウォッシャーディスインフェクター
当院では滅菌器の他にもウォッシャーディスインフェクターを導入しております。ウォッシャーディスインフェクターは洗浄に加えて消毒まで行える機材です。患者様の歯を削る際に使用するハンドピースも使用するごとに都度ウォッシャーで洗浄、消毒を行い最終的には滅菌器で滅菌を行います。このため、患者様には安心して治療を受けていただく事が可能です。
TOPへ戻る
0492931191 アクセス・診療時間