マイクロスコープ・再生療法

より精度の高い歯科治療を行うために

現在の歯科治療では、なるべく身体に負担の少ない低侵襲治療(ミニマルインターベーション)が重要であるといわれています。ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)=MI治療を行う上で必要不可欠なのが歯科用顕微鏡であるマイクロスコープの存在です。マイクロスコープを用いることで肉眼で治療することに比べて、約20倍までの拡大率で治療を行うことができるため、余分な箇所を削らないうえ、歯科治療の精度が格段に上がるため、低侵襲で歯にやさしい治療を行うことができます。今までは歯を抜かないといけなかった治療もマイクロスコープを用いることで歯を残せる場合もあります。全てのユニットにマイクロスコープを設置しているため、モニターで患者さんご自身の口腔内の様子を撮影・録画することで、情報の共有ができ、治療内容の説明もわかりやすく行うことができます。

マイクロスコープを用いた精密歯科治療

根管治療

根管治療(歯根内部の消毒治療)はマイクロスコープとニッケルチタンファイルの登場で、より精密な治療を行えるようになりました。アメリカの根管治療の専門医はマイクロスコープを使用することが義務づけられているほど重要な治療設備となっています。通常の根管治療はレントゲンを診ながら手探りであったのが、今ではCTによる歯根の内部の複雑な形態を事前に確認することができたり、肉眼の約20倍拡大ができるマイクロスコープを使用して歯根の内部を見ながら治療を行えるようになっています。

むし歯治療

むし歯治療でも高倍率のマイクロスコープを使用してむし歯の部分のみを取り除きなるべく健康な歯質を温存して治療をすることができます。また、むし歯を削ったところを詰める際もマイクロスコープを使用することで肉眼ではわからなかった僅かな隙間やずれ、段差も見落とすことなく詰め物での治療ができます。

マイクロサージェリー

マイクロサージェリーというマイクロスコープを使用した手術も行っています。

当院では歯周治療における歯肉形成や再生療法に用います。非常に小さな治療器具が使用可能となるため、傷口が小さく済むため、治療後の痛みを抑えられるため、治癒がとても速くなります。

傷口も髪の毛よりも細い糸での縫合が可能となため、術後の痛みや不快感を抑えることができます。

歯科用CT

一般的に使用されている平面のレントゲンと違い、当院では立体(3D)で情報が得られる歯科用CT用を導入しています。
歯科用CTの導入により今までと比較した正確な診査や的確な診断、治療計画が立てられるようになりました。当院のCTは放射線量を限りなく低くして、一般的なレントゲン・CTと比較してもかなり抑えられているCTを完備しています。

主に下記の治療を行う際には必要不可欠なのが歯科用CTです。

インプラント治療

当院ではインプラント治療を常に安全に正確に治療を行うこと徹底しています。安全に行うために神経・血管などを傷つけないよう解剖学的診査を的確に行うことです。CTは原寸大の大きさで確認ができるため、インプラントの長さ・大きさを選択することができます。CTで得られた情報からコンピュータによるインプラント治療「サージカルガイド」を作製してインプラント治療を行うことでより安全に治療を受けていただくことができます。

歯周病治療(再生療法・根分岐部病変)

再生療法

歯周病による溶けてしまった骨の形態を把握することはCTで可能になります。
CTを用いることで骨の形態を三次元で確認することができ、再生療法を成功に導くうえで大きな情報を得ることができます。

根分岐部病変

奥歯には強いかみ合わせが必要なため、3~4つの歯根でできており、その歯根が分岐しているところまで侵入した歯周病を“根分岐部病変”といいます。
“根分岐部病変”は歯周病のなかでも強い病態のため、可能な限り正確に診査することが重要です。
根の重なりの部分もCT画像で3Dにて詳しく診査することで治療ができます。

根管治療

歯の根の神経は歯によって様々で複雑になっていることがあります。
むし歯が大きくなり、歯の根の神経の消毒行うことになった場合は神経を正確に知ったうえで根の消毒することが成功のカギとなります。
CTは状態を正確に確認できるため有効な検査方法となります。

TOPへ戻る
0492931191 アクセス・診療時間