小児歯科

小児歯科小児歯科では、子どもの歯は大人の歯に生え換わったときの歯並びに影響を及ぼします。子どもの頃にむし歯になって乳歯を失うと、永久歯までむし歯になったり歯並びが乱れたりする恐れがあるため、歯のケアは早期に始めることが大切です。乳歯がむし歯になりやすい理由は次のとおりです。

  • 永久歯よりも歯が薄い
  • お菓子の影響で口の中に糖分がある時間が長い
  • 歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい
  • 歯磨きの質が低くなりやすい

子どもの頃から歯のケアを始めれば、セルフケアや定期的な歯のメンテナンスが習慣づいて、生涯にわたり歯の健康を守れる可能性が高まります。当院では、お子さまが歯医者嫌いにならないように、できるだけ痛みの少ない治療を心がけておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

当院の小児歯科メニュー

フッ素の塗布

フッ素の塗布フッ素には、歯質の強化や虫歯菌の活動抑制などの効果があります。定期的にフッ素塗布を受けることで、むし歯になりにくい状態を維持できます。

シーラント処置

シーラント処置シーラントとは、奥歯の溝に歯科用プラスチックを詰めて、食べかすを詰まりにくくする処置です。奥歯の溝は複雑な構造である上に、歯ブラシが届きにくいため、むし歯のリスクが高い箇所です。シーラントで溝を埋めてしまえば、むし歯になるリスクを低減できます。

歯磨き(ブラッシング)指導

シーラント処置お子さまのお口の状態は、年齢や成長とともに変化します。同時に、正しい歯磨きの方法や注意点も変化するため、定期的に歯磨き指導を受けていただくことが大切です。当院では、お子さまのお口の状態を踏まえ、適切な磨き方を指導しております。予防のプロである歯科衛生士が丁寧にアドバイスいたしますので、どのようなことでもお気軽にご質問ください。

定期検診の必要性

将来的な口腔環境を健康に保つ事が出来る

年々、子供の虫歯は少なくなっていますが、それでも気づかないような小さな虫歯が出来てしまうことがあります。特に自覚症状がない状態で発見出来れば大きなトラブルになる前に取り除く事が出来ますので負担も痛みも少なくなります。虫歯が大きくなってから治療をすると痛みが発生して『歯科医院は怖いところ』というイメージが出来てしまいやすく歯医者嫌いになって定期的に通いにくくなります。そうなる前に定期検診で小さな虫歯を発見出来れば痛みも負担も少ないため、お子様も積極的に歯科医院に通ってくれるでしょう。ひいては将来的に健康な口腔環境を維持しやすい環境になります。

歯並びの問題を早期発見できる

歯並びの問題を早期発見し、子どもの頃から矯正治療を始めれば、将来的に永久歯がきれいに並びやすくなります。また、大人になってから再び矯正治療が必要になった際に、抜歯をせずに矯正できる可能性が高まります。思春期は口元の見た目が気になりやすい時期でもあるため、早めに矯正治療を始めることをおすすめします。

TOPへ戻る
0492931191 アクセス・診療時間